コミカルなヴァンパイアシリーズ3


ふたりは真夜中を翔んで (ライムブックス)
原書房
ケリリン・スパークス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ふたりは真夜中を翔んで (ライムブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



シリーズ第3弾です。

元神父ローマン率いるヴァンパイア集団は、ローマンの生み出した人工血液で
暮らしている「善良な」ヴァンパイア。

そこの警備隊長アンガスの話。
ヒロインはヴァンパイアハンターのエマ。
復讐に燃えるエマに、付きまとい続けるアンガス。

じれったいロマンスが展開されます。

そこへ、悪玉ヴァンパイアの登場。

そしてアンガスはもっともつらい選択をすることになり、
エマはもっともつらい結果を享受することになる。

でもって、やっぱりハッピーエンドなんですよね。
ラブラブ度はたかめ。

前作と逆パターンですが、ヴァンパイアと人間のロマンスが
最後やはり逆パターンで終結。
おさまるところに納まった感があります。

ところで、このシリーズ、ストーリィ自体はそれほど練った感じではないのですが、
キャラが魅力的なのと、善玉ヴァンパイアの「集団」が魅力的なんですよね。
人間じゃないのに「人間的」で。

軽快なやりとりも、深刻でない人間?関係も、なんだかとっても普通で
ほほえましく、好きなシリーズなんですね~。
重くないけど、ほほえましいロマンス。

軽口たたくけど、実力派っていうのに弱いわ。
わたし・・・。

続編が楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック