待っただけあった!!読めてよかった!


闇を照らす恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
二見書房
J. R. ウォード

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 闇を照らす恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



BDB最新刊 「闇を照らす恋人」。

ブッチとマリッサの話とまでは知っていたのですが、こんな展開になるとは。

あいかわらず、すがすがしいほどの「ご都合主義」ぶり。
マッチョ流血ファンタジーって感じですかね。

今回は、ブッチ&マリッサを中心に、裏ヒロインV、みたいな。
もともと、マッチョ男の肉体派青春ロマンス(スポーツがホモを生む系の)が
行き過ぎてる雰囲気はありましたが、ダイレクトにきましたね。

いや~。
久しぶりに読んだけど、BDBシリーズの、マッチョで単純で一途で熱いヴァンパイア。
楽しくていいですね。
ルーティンと化しているレッサー狩りも、すでになんでやっているのかわからなくなっていますが。

だいたいこの日常業務(ハンティングと警察)をこなすだけにしては、ちょっとマッチョすぎないか?
みんな2メートル級でなくてもいいんじゃないか?
小山みたいでなくてもいいんじゃないか?

と思っちゃいますね。

最近ヒストリカル・ロマンス系に浸っていた私には、このヴァンパイアたちの、
果てしのない単純さ、まさに猪突猛進のアツイところは、ほほえましく、楽しめます。

他のヒーローたちって、ここまで犬じゃないよねえ・・・と思ったりする。

BDBもあらたなメンバーを加え、新たなロマンスを加え、今後に期待ですね。

ネタバレになってしまうのであえてストーリィには触れないことにしますが。
(読む人はバレを期待して読むのか?自分で読んだ後に読むのか??)

次はだれの話だったかな。

リヴェンジ?ジョン?

彼は、今回ちょっとポイント高かったです。
でも、主役になったら、やはり「犬」になってしまうのだろうか・・・。

早く続きがよみたいなあ。

・・・あ、次はVか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック