メリー・ジェントリー・シリーズ


妖精王女メリー・ジェントリー1 輝ける王女の帰還 上 (ヴィレッジブックス)
ヴィレッジブックス
ローレル ・K ・ハミルトン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 妖精王女メリー・ジェントリー1 輝ける王女の帰還 上 (ヴィレッジブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




妖精王女メリー・ジェントリー2 嘆きの女神の秘密 上 (ヴィレッジブックス)
ヴィレッジブックス
ローレル ・K ・ハミルトン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 妖精王女メリー・ジェントリー2 嘆きの女神の秘密 上 (ヴィレッジブックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



妖精もの。

というより、ハーレムもの。

美形オンパレードで、女王様に仕える豪華ハーレム。
セクシーシーンもさることながら、キワモノシーンも満載。

ま、そこは「アニタブレイク」作家ですので、お約束。

でもアニタブレイクより、かなりセクシー・・・のはずが、
あんまり官能的ではないのは文体のせい???

物語は、妖精と人間の混血(王女)が、アンシーリー(悪い妖精)コートの次期女王として
現女王のハーレムを一部譲られる・・・という話。
(この要約はかなり偏った解釈かもしれないので、未読のかたはご注意ください。)

なにがすごいって、グロテスクなシーン。
王女の力が○○を裏返してしまう強力なもの。これ、絶対映像でみたくない。
逆にみたいのが、ハーレムの男性陣のキャスティング。

王女と王子、どちらか最初に子をなしたほうが女王のあとを継ぐ・・・といわれ、
日々励む(・・・)王女。
相手は女王の元親衛隊(ハーレムですね)。
ど~れもこ~れも美形ばかり(妖精ですから)、おまけにやや傲慢(妖精ですから)、
かなり気まぐれ(妖精ですから)、でも魅力的(妖精ですから)。

いつの間にかみんな王女に傾倒してしまって、本当のハーレムになってしまった。

シーリー(よい妖精←なんていないと思うけど)コートの王も、すさまじい美形(性格悪いが)。
おまけに超セクシー(タチが悪いが)で、顔見るだけで理性が飛ぶくらいのつわもの。

とにかく美形ハーレムに美形ライバル、美形オンパレードの当シリーズ。
美形好きには一番におすすめします!!

くらべて王女には(アニタと同様)あまり魅力を感じないが。

ま、補って余りあるハーレム陣営です。

ところで、これ、原作は10冊以上でているようなのですが、邦訳は2巻のみ。
あんまり人気ないんでしょうか。

ちょっとコアなんですかね?

ここまで徹底していると気持ちがいいので、私はアニタより好きですけどね・・・。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック