趣味の読書と映画についての徒然。

アクセスカウンタ

zoom RSS 神々と戦士たち。

<<   作成日時 : 2017/01/22 01:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


I青銅の短剣 (神々と戦士たち)
あすなろ書房
ミシェル ペイヴァー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by I青銅の短剣 (神々と戦士たち) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



II再会の島で (神々と戦士たち)
あすなろ書房
ミシェル ペイヴァー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by II再会の島で (神々と戦士たち) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



IIIケフティウの呪文 (神々と戦士たち)
あすなろ書房
ミシェル ペイヴァー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by IIIケフティウの呪文 (神々と戦士たち) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


暗い話です(笑)

「クロニクル 千古の闇」というお話を書いた作家さんの新作。

これもかなり!暗かった!!

どちらも、ですが、この世界をベースにパラレルワールドというか、
ちょっと異なる別世界、が舞台です。

モデルは、古い少数民族だったり、今回のように、古代ギリシャだったり。

ちょっと上橋菜穂子さんを彷彿とさせる舞台設定かな。
内容は全然違うけど。

ということで、暗い話好きにはたまらない?「神々と戦士たち」。

「よそ者が一族を滅ぼす」

そんな予言があったために、殺されそうになり、追われる身となるヒュラス。

巫女の血筋でありながら、自由を求めて逃げ出すピラ。

人間に家族を殺され、野垂れ死にしそうになっていたところをヒュラスに助けられたハボック。
(ライオン)

巣から落ちて、食べられるところを拾われたエコー(ハヤブサ)。

風変りなチームで、予言を成し遂げるため?残虐なカラス族を抑えるため?
伝説の短剣を手に入れるべく奮闘する、そんな話です。
(う〜ん。端折りすぎ?)

自然現象は神のなせる業で、超自然現象が信じられる世界。
そんな世界で必死に生きる彼らから目が離せない。

いろいろな民族の、いろいろな伝承が複雑に入り組んで、ひとつの解を与えてくれる。

ネタばれ最小限にと思うと、こんな抽象的な表現になりますが、
暗いけど、歴史好きには結構イケるかもしれない小説。

派手な見せ場はないけど、着実に話は進んでいきます。
まだ未完ですので、早く続きがでてほしい・・・。

(なんか、まじめなレビューじゃないかい?最近もう精神的に仮死状態になっているから
淡々とした文面になってるのかも・・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
神々と戦士たち。 趣味の読書と映画についての徒然。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる