趣味の読書と映画についての徒然。

アクセスカウンタ

zoom RSS (株)魔法製作所 作者の新シリーズ!

<<   作成日時 : 2017/05/27 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ニューヨークの妖精物語 フェアリーテイル (創元推理文庫)
東京創元社
2017-04-21
シャンナ・スウェンドソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ニューヨークの妖精物語 フェアリーテイル (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


メールでたたきおこしたら、慌てて夜中に帰宅したゲス男。
朝まで寝過ごすところでしたよ?

ゲッスーは最近柄シャツづいていて、本日もボーダー(よこしま)でございました。
どこに行っているのやら??

この「よこしま」を変換したら「邪」になった。

言い得て妙だ。

さてさて。
私の好きなシリーズ「魔法製作所」の作者が、新シリーズを出してくれました。

それがこれ。

今回は(も?)妖精の話。

妖精といっても、美しくて頼りになる、フェアリーゴッドマザーみたいのではなく、
「ほんとの」妖精です。

妖しくて美しく、中身がなくて、軽薄、傲慢で、がめつい、私利私欲と自己愛の塊、
そんな素敵な妖精のお話です。

意外とこの妖精のイメージはキライじゃない。

日本では妖精は「善」で描かれることが多いけど、ヨーロッパではこちらの
「妖」精が多いような気がする。

この妖精。
日本でいうところの、八百万の神的な。
超越した存在のようであり、非常に俗っぽいんですよね。

妖怪に近いのかな???

う〜ん。
妖精のお友達ほしい!!

こういう愛のない戯れ(なおかつ超美形でイリュージョンまで作れる!)が今の私には
必要なんだとおもう!←力説。

脱線しましたが。

ストーリィは、外見も中身も対照的な姉妹が、妖精に狙われて、辛くも逃れるというもの。
(いや、いろいろあるのですが、読んでない人は知らないほうが楽しめると思う・・・)

主人公(たぶん)のソフィーは、ちっちゃいけど、パワフルで負けず嫌いの
「処女」(笑)。

頼れるのが自分しかいない!というタイプなので、とことん頑張っちゃうのですが、
それがまた、性格的なもので、すごく強がっている、というわけでもないんですよね。

個人的にはとっても好感の持てる主人公です。

今回は、姉妹ともにほろ苦い(というか障害の多い)恋の予感(?)もあり、
次作以降が本当に楽しみとなっております。

ところで、あとがきによると、(株)魔法製作所シリーズの新刊(原書)が発行されたようで、
これは近々、新刊が日本でも出るんじゃないかと。

楽しみに待ちたいと思います。

最近、ドロドロロマンスものに漬かっていたわたしの清涼剤みたいな本でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(株)魔法製作所 作者の新シリーズ! 趣味の読書と映画についての徒然。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる