趣味の読書と映画についての徒然。

アクセスカウンタ

zoom RSS 王道BL系ファンタジー?!

<<   作成日時 : 2017/07/08 00:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ふと手にした本。

剣の輪舞 増補版 (ハヤカワ文庫 FT カ 2-3)
早川書房
エレン・カシュナー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 剣の輪舞 増補版 (ハヤカワ文庫 FT カ 2-3) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


おやおやおや。
あらすじのところをみると、

「都で随一の腕を誇る剣客リチャード・セント・ヴァイヤー。決闘の請負をなりわいとする彼は、愛人の美青年アレクと気ままな暮らしを送っていた。・・・」(Amazonより)

「彼は愛人の美青年と?」
あれあれあれ?

そう。

うわさ(?)のBLものでございます。

これはね。
本当にBL系ファンタジーですわ。

ストーリィとかどうでもいい(笑)。
典型的な「キャラ立ち」小説。

剣の達人リチャードと、俺様で刹那的なアレク。
その周りでは、貴族(らしきもの)たちが、あれこれ陰謀をめぐらせ・・・。

と書くと、それっぽいストーリィだが、
そんなに深くない。

単に、うぞうむぞうが好き勝手に生きて、あっさり殺人をして
(剣客に依頼すると、殺人ではなくなるらしい)
愛人は性別問わずつくりまくり、主要メンバー以外はどうでもいいとばかりに
触る程度の取扱い。

最後はお決まりの種明かしで、シャンシャンと。


いや、決してけなしているわけでは・・・。

これね。
それなりなんですよ。
いわゆる「同人誌」的な。
だから「王道」。

悔やまれるのは、文体なのか訳なのか、

 リチャードとアレクがちっとも美形らしくない。

 いろんな恋愛模様がちっとも色っぽくない。

個人的には、
 
 アレクにはもっと「俺さま」でいてほしかったし、
 リチャードはもっと堅物で、
 公爵夫人は「妖艶」に、
 フェリスは「「影のある男」に

なっていてほしかったなあ〜。

あとがきで書いているように、「キャラ立ち」本のわりには、
いまいちキャラが立ってない(笑)。

とか、いろいろ書きましたが、続編がいくつか出ているので、
ちょっと読んでみよう・・・

と思わせるくらいには、微妙に惹かれた本(笑)。

(BL本を読み始めるのは、私にとって現実逃避行動以外の何物でもない・・・。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
王道BL系ファンタジー?! 趣味の読書と映画についての徒然。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる