テーマ:SF

なぜか、わたくしの萌えポイント刺激。ヴォルシリーズ。

某アジア出張から帰宅後、すっきりと、ご機嫌になったゲス男。 息「抜き」は必要なんだな~としみじみ実感。 乙武家もしかり(笑)。←笑えないが。 そんな私の息抜きは、「萌え」タイム。 いろんな「萌えポイント」がありますが、これもかなりポイント稼いでいる、お気に入りのシリーズ。 ヴォルシリーズと称されているシリーズです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ以上ないくらい、最高級品のヒーロー。

久々に、ゴージャスなヒーロー。 さすが、アマンダ・クイック。 星のかけらを紡いで (ラズベリーブックス)竹書房 ジェイン・アン・クレンツ Amazonアソシエイト by 内容は一応SFかな? 「星のかけらを奏でて」の続編です。 設定はよくわからない、異星の話ですが、とにかくヒーロー、エメットの古風なヒーローぶりが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近はまっている海外ドラマ。

ドクター・フー。 いや、いまさらなんですけど。 たまたま消し忘れた予約プログラムで録画されてしまい・・・。 面白い。 びっくり。 パラノーマルではないが(エイリアンだが)面白い。 ということで、早速シーズン1を見始めました。 ところが。 シーズン1終わったなあ。残念。 と思っていたら、2月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァンパイア・アースというタイトルに惹かれて読みました・・・。

ヴァンパイア・アース ―〈狼〉の道― (ハヤカワ文庫SF)早川書房 E. E. ナイト Amazonアソシエイト by 単にタイトルにひかれて読みました。 全然イメージとちがった。 読むのに苦労した・・・。 久しぶりの、ずっしりしたSFです。 人間が「糧」となり、吸血鬼を養う世界。 その吸血鬼は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気分を変えて児童書。というかヤングアダルトかな。

ミッドナイターズ 1 真夜中に生まれし者東京書籍 スコット・ウエスターフェルド ユーザレビュー:面白い久しぶりに面白 ...独特の雰囲気主人公が ...真夜中(ブルータイム ...Amazonアソシエイト by ヴァンパイアではないんですけどね。 パラノーマルっちゃパラノーマル。 久しぶりに児童書。 最近の児童書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァンパイアものではないけど。

ザ・ホスト 1 寄生ソフトバンククリエイティブ ステファニー・メイヤー ユーザレビュー:引き込まれた!トワイ ...面白過ぎるSFロマン ...愛にあふれた、現代へ ...Amazonアソシエイト by ご存知「トワイライト」の作者、ステファニー・メイヤーの小説です。 読む前は、「ザ・ホスト」って、職業のことかとお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりにSFでもよんでみました。

ラークライト―伝説の宇宙海賊理論社 フィリップ リーヴ ユーザレビュー:ファンタジーの復権  ...気軽に楽しめます太陽 ...Amazonアソシエイト by 久しぶりにSFへ脱線しておりました。 これ、児童書なんですが。 正統派児童書。 こどもがよんでも安心、安心。 英国の歴史が妙に宇宙に置き換わっていて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タフの方舟。

タフの方舟という本をよんでおります。 まあ、これは、吸血鬼の話「フィーヴァードリーム」をかいた作家さんのSFなのですが。 ・・・すごいむかつく本なのですよね。 なにがむかつくって、主人公がステキじゃないだけでなく、理屈っぽいし、回りくどいし、 ややひねくれ気味。かなりオタク系。 ビジュアル的にもアウト。 で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グリーンワールド」はある意味オススメ。

グリーンワールドは、よくある「警告」「教育」的視点の「環境を大事にしなさい」的な 本かとおもっていました。 でも、ちがった。 900年以降はもう、行き着くところまでいっちゃいましたが。 いろんな教訓もあります。 ちょっとしたこと、別に環境を他の生態系を壊すつもりではなくても、 何気ないことひとつでも、連鎖的に環境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンワールド下

怖いけど、読み始めました。 あっという間に移住から700年たちました。 上巻は、移住した人たちが徐々にその星に根付いていく過程だったのですが、 下巻は、かなりもう折り返ししちゃっています。 時代は産業革命くらいから始まって、一気に現代近くまでやってきました。 星のどの部分も人間の侵していない場所はないようになり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読みたいけど読みたくない。

グリーンワールド下巻。 たぶん結末はわかっているのだけど、読みたくないような、読みたいような。 一度読んでまたじっくり読み返したい本です。 内容はかなり重たい?のに、トーンがかなり軽いので、余計に リアルでねえ。 ちょっと異色の小説?ですが、本当にはまっています。 一応児童書のコーナーにあったのですが、子供に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンワールド

ヴァンパイアではないんですが、グリーンワールドの上巻をよみました。 小説・・・というよりは、ドキュメント?仮想未来? ジオグラフィックチャンネルとか、なんかそんなかんじ。 「人類が地球をだめにして、他の惑星に移住する」というありきたりな 設定なんだけども。 中心が「グリーンワール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラッドリーいちおしは「ダーコーヴァ年代記」

もう絶版ですけどね。 ダーコーヴァー。 地球の難破船が漂着したダーコーヴァ。 その子孫の話です。 移住初期~混乱期(戦国期みたいなもの)を経て、再度地球人と接触し、 交易を始める(日本の開国みたいなもの) という年代記。 7大コミンという貴族階級のようなものがあり、「血統」が重んじられる社会。 女性の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SFFTの元祖。M・Z・ブラッドリー

SFすきでした。 読みあさりました。 M・Z・ブラッドリー。 はまりました。 女性作家なのですよね。 だからかな。男性にはオススメしません。 心理描写がすばらしく、飽きない展開、魅力的な登場人物。 どんどん引き込まれて、はなしてもらえな~い!!! という小説。 個人的には作家としてイチオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more