テーマ:

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 ブラック大みそかを過ごしたわたくし。 今年こそは日の出を拝みたい。 久しぶりに戸籍上の配偶者(のはず)の実家にうかがったところ、 我が家の崩壊は、私が「つくし型」でないということが原因だと再認識したわけです。 どんな理不尽な要求も、奴隷のような扱いも、なぜだか自然に受け入れられる、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツンデレの極み乙女。

もりあがってきたゲス男。 ついに!きた~!! 突然の「出張」!! ここまでオリジナリティなし男もいまどきいない。 当日の朝、共通の友人つかって、メールでアリバイ作り。 夜は当然音信不通。 どっぷり「新婚旅行」を満喫したゲッスーは、もう離れられない!と ついにゲスING(=ゲス行為)が明るみにでるか?! 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柴門ふみさん。

ある日新聞を読んでいたら(ちなみに私は新聞は「アナログ」)、 柴門ふみさんのエッセイ本のCMに出会った。 柴門ふみさんといえば、バブルの象徴?ともいえるドラマ、 「東京ラブストーリィ」の作者ですが、文章のほうは読んだことがない。 ちょうど読む本もなかったから、読んでみようか、と手に取った。 老いては夫を従え小学館 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVじゃなくBDBがいい・・・。

しばらく幸せ生活満喫で、DVが少し減っていたゲス男。 本日は帰宅後大暴れでした もういい加減慣れたけど。 でも家やものを破壊するのはやめてくれ・・・。 娘は早々に避難。←賢明。 いつにも増して、私の作ったものには触れたくなかったらしく、 ソーセージをおかずに、ごはん食べてました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひそやかな悪夢(ノーラ・ロバーツ)

ノーラ・ロバーツ風、素直でストレートで、恋愛を楽しむオトコと、 自分を閉ざしたハイスペック女史(身長180センチで、仕事もできる美女)の ロマンスでございます。 ひそやかな悪夢(上) (扶桑社ロマンス)扶桑社 2016-12-24 ノーラ・ロバーツ Amazonアソシエイト by ひそやかな悪夢(下) (扶桑社ロマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星の守り人トリロジー

幸運の星の守り人 星の守り人トリロジー (扶桑社BOOKSロマンス)扶桑社 2016-06-03 ノーラ・ロバーツ Amazonアソシエイト by ささやく海に抱かれて 星の守り人トリロジー (扶桑社BOOKSロマンス)扶桑社 2016-07-31 ノーラ・ロバーツ Amazonアソシエイト by ノーラ・ロバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BDBシリーズ新刊!

不倫容認!高学歴夫婦「オープン婚」の実態 という記事をみつけた。 ほんとかいな。 これが事実なら、我が家も結構イケてるかも。 「夫不倫で留守がイイ」 ということでしょうか??? ほかにも、 「働く既婚女性」が不倫にハマる超単純な理由 とかもあった。 これらについているコメント、結構マジなんでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇想天外な「稀少種」物語☆

魔物のためのニューヨーク案内 (創元推理文庫)東京創元社 ムア・ラファティ Amazonアソシエイト by これは、「魔法製作所」シリーズに通じるものがある?! いや・・・エログロ度はちょっと高い・・・。 という話(どんなんだ?!)。 年明けから、インスタにラブラブ写真とコメントをじゃんじゃん載せているゲス男。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷と炎の歌 番外編

七王国の騎士 (氷と炎の歌)早川書房 ジョージ・R・R・マーティン Amazonアソシエイト by ドラマでは、いよいよ最終章に入ったと噂の「氷と炎の歌」の番外編です。 100年ほど昔の話だそう。 まだ、ドラゴンの一族が七大国を支配している時代です。 本編で歴史として語られている部分が、細かに書かれているという感じかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道を視る少年

道を視る少年(上)早川書房 2014-04-18 オースン スコット カード Amazonアソシエイト by 道を視る少年(下) (ハヤカワ文庫SF)早川書房 オースン・スコット・カード Amazonアソシエイト by その名の通り、「道(パス)」が見える少年の話。 どんな人でもその軌跡が見える。どんな昔のでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神々と戦士たち。

I青銅の短剣 (神々と戦士たち)あすなろ書房 ミシェル ペイヴァー Amazonアソシエイト by II再会の島で (神々と戦士たち)あすなろ書房 ミシェル ペイヴァー Amazonアソシエイト by IIIケフティウの呪文 (神々と戦士たち)あすなろ書房 ミシェル ペイヴァー Amazonアソシエイト by…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーデン・トリロジー/ノーラ・ロバーツ

年末年始に久しぶりに家族そろって過ごしたストレスか、 年明け早々インフルエンザで倒れました。 幸先のいい2017年・・・。 さてさて。 ま・さ・に。オトナの恋! という本を発見。 「47歳の大人の女性が恋に落ちる」というキャッチコピーを見つけ、さっそく読破。 だって、ロマンス小説としては、ご高齢ではございませんこと? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もサンタ追跡プロジェクト。

いよいよ来ましたね。 今年もサンタを追い回そう!! ↓ Official NORAD Santa Tracker 毎年なんだかんだと追跡してしまうサンタ。 これのおかげで、世の中の子どもの多くがきっと、サンタを信じ続けることができるでしょう?! かくいう我が子も、毎年とても楽しみにしています。 最近夜更かし気味です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァルデマール正史完結。

ずいぶん更新が滞っておりました。 最近はDVが高じて、傷害事件の様相をていしてきました、我が家。 離婚してほしいがために、子どもに暴行を加えるというのは、もう精神異常の域。 どこまで意気地なしのクズなのでしょうか・・・。(涙) とにかく、子ども+父親 という状況は避けなければ。 ↑ こんななぞなぞ、あったなあ。 「狐と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何気に萌えポイント満載。

レッド・ライジング―火星の簒奪者 (ハヤカワ文庫 SF フ 21-1) (ハヤカワ文庫SF)早川書房 ピアース ブラウン Amazonアソシエイト by レッド・ライジング2 黄金の後継者 上 (ハヤカワ文庫SF)早川書房 2016-06-30 ピアース ブラウン Amazonアソシエイト by 「レッド・ライジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう、もう。素敵すぎ。マクラウドもピアジェも!!

完璧な恋の組み合わせ (ラズベリーブックス)竹書房 リン・カーランド Amazonアソシエイト by 以前も紹介しました、リン・カーランドの続きです。 これは短編集。 『完璧な恋の組み合わせ』は、現代のロマンス。 ただし、「縁結びの幽霊様」が活躍します。 あの、ピアジェの子孫、ギデオンとミーガンの話。 『恋は赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シグマフォース・シリーズ

これは面白い!! シグマフォースシリーズ。 シグマフォース シリーズ8 チンギスの陵墓 上 (竹書房文庫)竹書房 ジェームズ・ロリンズ Amazonアソシエイト by しばらく更新滞っておりました。 夏の疲れがどっとでたのか、トシのせいなのか(涙)、体がしんどくて、しばらく更新する気力が なく・・・今に至ります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクラウド家シリーズ、つづき。

時を越えて乙女に口づけを (ラズベリーブックス)竹書房 リン・カーランド Amazonアソシエイト by 最近家のまわりで不審者に嫌がられされて、身の危険を感じているわたくし。 ゲス男は、泥酔状態で深夜帰宅。 酒とたばこで臭くてたまらん。女のにおいを消すためか・・・。 まあ、家庭内別居(狭いが可能な限り)状態なので、朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白いけど物足りない不思議な小説。

週末。 やることがないから、お出かけするDV夫。 あれもこれも「やりたくない」といっていたら、そりゃ、やることないわ。 おかげで、何か月も週末もフル稼働のわたくし。 そろそろ限界に近い・・・。 キビシイ学校で育ったせいか、「義務」に重きを置くタイプなので  社会人として  親として  妻として(一部義務履…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔懐かし「少女漫画」の世界?!

荒み切ってしまったわが心を洗い流してくれるような、初々しい作品 乙女と月と騎士 (ラズベリーブックス)竹書房 リン・カーランド Amazonアソシエイト by これは、ド・ピアジェ家が、アルテインに居を構えるまでの話を書いたもの。 前作までに噂でたくさんでてきた「ロビン」さまもここに登場でござい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結婚のメリデメについて考える・・・とか。

よく、結婚して2~3年くらいまでの人(女性)から受ける相談。 「離婚を考えている」 そうでしょうとも。 所詮「他人」なんですから。 一緒に暮らすんですから。(そうじゃない人は幸いなるかな) 川の小石が丸くなるように、急流にもまれて、削られないとダメなんですよ。 というtこで、先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王道のロマンス本なんだな~と。

雇われた婚約者 (ヴィレッジブックス)ソニーマガジンズ アマンダ クイック Amazonアソシエイト by 当たりはずれはあれど、好きな作家さんです。 これは、まあ、中くらいかな。 いつも通りの、伯爵と身分の低い(?)女性とのロマンスです。 嘘から出たまことパターンですね。 そうと分かっていても、ちょっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マヤ・バンクスのハイランダーシリーズ3

ハイランドの姫戦士 (マグノリアロマンス)オークラ出版 マヤ・バンクス Amazonアソシエイト by 1、2と感想書いたので、とりあえず3部目も書くことにしました。 3兄弟の末っ子、シーレンのロマンスです。 前巻の直後から始まるお話で、なんともはや、女性の扱いが痛々しいです。 1巻目から続いていた、キャメロン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜか、わたくしの萌えポイント刺激。ヴォルシリーズ。

某アジア出張から帰宅後、すっきりと、ご機嫌になったゲス男。 息「抜き」は必要なんだな~としみじみ実感。 乙武家もしかり(笑)。←笑えないが。 そんな私の息抜きは、「萌え」タイム。 いろんな「萌えポイント」がありますが、これもかなりポイント稼いでいる、お気に入りのシリーズ。 ヴォルシリーズと称されているシリーズです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マヤ・バンクスのハイランダーシリーズ2

ハイランダーの天使 (マグノリアロマンス)オークラ出版 マヤ・バンクス Amazonアソシエイト by 「ハイランドの美しき花嫁」に続く第2部。 ↑ これのヒーロー、ユアンの弟、アラリックが主役の話。 前回、女性の扱いが・・・と書きましたが、これは、定番の女性虐待バージョン(軽め)です。 ユアンがいわゆる「長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙武さん離婚!?

乙武さん離婚に向け準備 という記事を発見。 やはり・・・。 どんなにできた妻でも、さすがに、もう勘弁ってことなんでしょうか・・・。 我が家のゲス夫は、先日「仕事」でベトナムに出張。 派手に夜遊びして、人さまには言えないくらい羽目を外して、なぜか、マグカップ二つのモーニング ドリンク。 帰国後体調不良・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ以上ないくらい、最高級品のヒーロー。

久々に、ゴージャスなヒーロー。 さすが、アマンダ・クイック。 星のかけらを紡いで (ラズベリーブックス)竹書房 ジェイン・アン・クレンツ Amazonアソシエイト by 内容は一応SFかな? 「星のかけらを奏でて」の続編です。 設定はよくわからない、異星の話ですが、とにかくヒーロー、エメットの古風なヒーローぶりが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現実には絶対にありえない!愛情深い誠実ヒーロー!!

最近、ロマンスに飢えていたわたくし。 いろいろ漁って、こんなものにたどり着きました。 ハイランドの政略結婚 (マグノリアロマンス)オークラ出版 マヤ・バンクス Amazonアソシエイト by たくさん作品が邦訳されている作家さんですが、いままで手付かず。 いろいろな評価で、「女性が不幸」というものが多かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争モノは読みたくないが・・・。

さてさて。GW真っ盛り。 連日娘に引っ張り回され、全身ガタガタのわたくし。 相変わらず、ゲス夫は、2時間程度の内容不明の予定が、まんべんなく入るスケジュールで 毎日充実しておるようです。 帰宅後、ニンマリした顔してメールするの、やめてくれ。キモい(←ゆとり語を勉強中)。 活字に弱いゲスくんは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々にずっしりした作品に出会いました。

GWですね~。 怒涛のような4月をなんとか生き延び、GWに突入しました~。 連休前に諍いがあったのか、激ヤセしたゲス夫。 連休中に、家族と一緒に出かけると、超不機嫌。体調も悪い。 そ・し・て。5月から家族以外の誰かさんと一緒に習い事を始めました ということで、後半はいろいろ言い訳を見繕って、連日朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more